「ネタ画像」カテゴリーアーカイブ

中国のファストフード

昔撮った分も含まれてるけど
 
これは8~9年前に上海で食べた中華料理のファストフード。
マクドナルドとかと同じ一般的なファストフード形式で、
まずレジに行って注文してお金を払って、渡されて、席に座って食べる。
特に右下の茶わん蒸しみたいなのが美味しかった。たしか20元しなかったと思う。

 

ピザハット

ここもマックと同じ一般的なファストフード形式になってる。
蘇州に姉が住んでた頃の。いくら払ったかは知らない。
日本でもこの形式で、もっと気軽に食べれるピザ屋さん増えてほしい。

 

KFC

3~4年前の。これしか写真がなかった・・・。
ケンタッキーだけどチキン専門ではなく、牛肉のハンバーガーやライスメニューもある。
米がパサパサなのと肉の味が薄いのとで普通に不味い。
ハンバーガーは日本のマクドナルドと同じレベル。
値段はいくらだっけか、忘れちゃった。

 

吉野家

吉野家はかなり古くからある。
味は日本よりちょいまずくらいで食べれる。
値段はたしか牛丼並が15元なので日本より少し安いか同じ。
牛丼以外のメニューやサイドメニューが豊富で、ハンバーガーチェーンに対抗したコンボメニューもある。牛丼・コーラ・茶わん蒸しは基本!
米がパサパサで肉の味も日本より薄いけど、海外で日本の味を感じられるのはありがたい。


 

バーガーキング

日本よりちょいマズくらいで食べれるが、値段がとにかく高い。
たぶん去年や一昨年も高かったけど、今年はパワーアップしてる。
ワッパーセットとドリンク・ポテトのコンボで52元 (=830円)
しかもワッパーなのに日本でいうワッパーJrサイズ。アメリカサイズじゃない。


 

蘭州ラーメン

ここも同じくファストフード形式で、ちょっと昔の中国っぽい細長い店内。蘇州の姉と食べたやつ。姉が払ったから金額分かんない。
意外と美味しかった。ベトナムのフォーに近い感じで、スープはあっさりの薄め、麺は柔らかめ。

 

なんか古いラーメン専門店

結構歴史あって古い感じの店でも食べた。
古い店は総じて安くてそこそこうまい。
麺の太さと汁あり麺か炒麺かを注文する。スープは鶏ガラ1種類。
ラーメン3元、炒麺10元、鶏の半身7元、合計20元。
麺は注文を受けてから店員が手打ちしてくれる。
厨房がレジから見えてて、奥に麺打ち専門のスタッフが数人いる。


 

おまけ

ジミー寿司ってなんだ。アメリカ人が中国で寿司握ってんのか?
次回は挑戦する。
カリフォルニアロールのように現地で進化してるかも??

中国のマンガ

今回の旅行ではマンガに強い書店を見つけられなかった。

だいたいこんな感じでフルカラー、2010年以降っぽい絵柄。
建物や背景をしっかり書き込んでる作家さんは少なめ。
コマ割り見た感じだとWEBコミックで発表したものをそのまま書籍化したのかな。

中国は作品発表の機会が多く、その割に失敗のリスクが低い。駆け出しの芸術家や挑戦者に優しい土壌なんだけど、でも個人が影響力を持ち過ぎる事を政府が嫌がるので鳥山明級の作家は出ないと言われている。
それでも13億人いるんだから超面白い作品とか出てきてもおかしくないんだよなあ~。

マンガ好きとしては夢を追いかける若い人達は国籍問わずみんな頑張ってほしい。

カレー世界一周

カレー後進国と呼ばれていた中国だけど、今はこんなに種類があるよ!
値段は1つ5元(≠80円) くらいだったはず。

外箱だけだと本命はマレーシアのラクサカレー。
タイは話題のマッサマンカレーかプーパッポンカリーかで評価が分かれる。

いや、やっぱりどれも全部同じ味のような気がするぞ!

レジのお姉さんから「こいつどんだけカレー好きなんだよ」って目で見られた。

追記:
ちなみに中国で一般的なスーパー (カルフールあたり) でカレールウを見かけるようになったのは2010年頃かな、ハウス食品が「ガチで中国攻略目指すぜ!」ってニュース発表してた頃。

今は写真のカレーと百夢多咖喱 (バーモントカレー)、あと中国ブランドが2つくらい置いてあった気がした。売り場面積は什器の棚2段くらいで百夢多咖喱が一番広い。

暴走族っぽいけど、漢字一文字ごとの意味を追うとロマンがあって良いよね。
頑張れ百夢多咖喱!