「旅行」カテゴリーアーカイブ

とんこつ in 白玉食品

徳島ラーメンの穴場、というか今まで盲点だった。

帰省する度にラーメンをたらふく食べて帰るのは良いけど、東京では徳島ラーメンが食べられない。徳島ラーメンをうたったお店は何軒かあっても、どれも東京向けにアレンジされていて本当の徳島ラーメンではないし。
空港や土産物店で売られているおみやげ用のラーメンも、雰囲気用だし、そもそも製造元が徳島県じゃないものとかもあるし・・・

というむなしさを抱えていたけど、これで解決するのかも。

 

白玉食品工業所

 

ここは徳島ラーメン店に麺を卸している会社で、小売りもやってます。
麺だけでなくスープも売っており、本格的な徳島ラーメンを安く買えるのがポイント。
徳島ラーメン店では圧倒的なシェアを持っていて、家系ラーメンでいうところの「酒井製麺」のような存在です。

 

ということでさっそく購入。

 

これが大1玉 325円 (3人前:スープ付き)
スープは徳島ラーメン・醤油ラーメン・とんこつラーメンといろんな種類があって、その中から好きなものを選べます。
麺は一人前、つけ麺用の太い麺もあるのでお好みで。

20玉以上買う場合は前日までに電話予約してほしいとのことでした。

通販はやってないけど、送料を払えば発送代行はしてくれるみたい。
生めんは冷凍すれば長持ちするので、クール宅急便冷凍がおすすめ。

せいろ1枚分 (大を16玉) 購入して発送してもらいました。
送料も個人で送るより企業が送った方が数百円安いのでオトクでした。

 

知らなかった徳島出身者は今すぐ親に電話して買いに行ってもらう価値ありですよ!

とんこつ in 麺王 (徳島駅前店)

徳島ラーメン紹介2軒目。
といっても2軒しか写真撮ってないのでこれで打ち止め。

 

今回は麺王 徳島駅前店

徳島駅前は多くの地方都市と同じく廃墟となっていて、僕が高校生の頃はビブレ・シティ・そごう・クレメントと4軒の大きなファッションビルがあり、その他にも新町川沿いや東新町に多くのセレクトショップがあったのですが、今はそごうしか残っていません。
唯一残ったそごうも若者向けのメンズファッションに限定すると2~3軒のテナントが入っているだけで、もう徳島駅前に行く用事は阿波踊りと高速バス乗り場以外無いと言って良いでしょう。

 

で、阿波踊り観光客や、「パートナーが徳島県人で」というライト層にピッタリなお店が麺王。

ここは徳島ラーメンとしては標準のスープのお店で、普通のいわゆる「ラーメン」に比べれば濃厚だけどそれでもちょい軽め。
王王軒に比べるとちょっと塩辛く、豚骨感は薄いです。

個人的には80点くらい。

とんこつ in 王王軒

実家の徳島に帰省してました。

徳島といえば徳島ラーメン!

というわけで紹介したいけど写真を忘れてしまい、撮ったのは2軒だけ。

 

徳島ラーメンは、豚骨や鶏ガラ・野菜をベースにした甘めのスープと、濃い目に炊いた醤油ダレから成り立っていて、その甘辛めの味付けから一時期「すき焼きのようなラーメン」としてTVで紹介されてました。

麺は中太のストレート麺でゆで時間は1分半~2分ほど。たぶん麺の水分は少なめになってて、固さを指定しなくてもシコシコした歯ごたえアリ。あと他のラーメンに比べてスープの味を吸いやすい気がします。
チャーシューの代わりに甘辛く煮込んだ豚バラが乗るのも特徴でご飯にも合う。
(観光客向けの店はチャーシューが乗る)

お店によって味付けは変わるけど、甘さ辛さのバランス、スープの濃さと香りなんかで「この店は美味しい」とかの評価が分かれてると思います。
写真映えさせるために生卵が乗った写真がよく紹介されていますが、個人的には純粋なスープに白身の異質な食感が混ざるから好きではありません。子供用の取り皿みたいなのに生卵を溶いて、麺を生卵につけながら食べる「すき焼きスタイル」は好きですが。

あとここ2~3年の間に替え玉システムを採用した店が増えてるみたいです。

 

こちらは藍住にある王王軒 (わんわんけん)

 

王王軒は徳島ラーメンの中でも上位の人気店。
店外にまで豚骨臭さが漂うほどスープを炊いているのが特徴で、甘辛さは控えめだけど豚骨感がかなり濃厚。
天下一品のこってりに少し近いかも?あそこまでドロドロでは無いけど器の底に粉っぽいのが溜まってる。

個人的には75点くらい。
豚骨臭い店や濃厚スープが好きな人・通常の徳島ラーメンでは飽き足らない人におすすめ。
逆に、軽いラーメンファンや初心者が行くには向いてないかも。

中国のあかんやつ その2

過去のネタ画像シリーズ

中国の家楽福 (カルフール) で発見して衝動買いしてしまった。
黒人ブランドの黒人歯磨き!龍井茶風

こここ、これはダメだろ~
いやたしかに、黒人は歯が白くてキレイな印象だけどさ。
黒人牙膏 (黒人歯磨きペースト) って直接書いちゃってるもんね。

でも中国で商標登録されて、カルフールなんてフランスの会社のバイヤーが仕入れて販売してるわけだから、なんら問題もないのかもしれない。
となると、黒人を扱うだけで人種差別問題が起きるんじゃないかと気にしてるのも、実は僕だけで、誰も気にしてないのかもしれない。
僕は単なるチキンの忖度マンなのかもしれない。

 

それをたしかめる方法は、ただひとつ!

 

キレイな女性に声をかけて、スピードワゴン小沢のネタをやるしかない!

「キミのお父さんは泥棒かい?だって、空から星を盗んでキミの瞳に隠してる!」

 

このセリフをちょっとアレンジして

キミは黒人かい?だって歯が白くてとってもキレイだ!

 



 

目ン玉腐ってんのか!って言われて終わりだね。

 

黒人歯ブラシもあるよ。

中国のあかんやつ

これよく問題になるやつね、なんでこういった悲しい事件が起きてしまうのかというと、彼らは別にパクリとか盗んでやろうっていう意思は無いんです。著作権そのものを理解できないんです。

著作権とか新しい概念に対応できないオヤジ社長とかが「別にいいだろ」って感覚でやっちゃう。
本人たちはこれで子供たちが喜んでくれると思ってるし、それで別に何の問題もないと思ってる。

法事で親戚集まった時とかにこんな叔父さんいませんでしたか。
お酒飲んじゃダメってお医者さんから止められてるのに「別にいいだろ」ってビール飲んじゃう。
奥さんや周りの人達に叱られながらもずっと飲んでる。
あれと同じ感覚なんです。

本人たちは「俺の店だ」「俺の体だ」と、誰にも文句言われる筋合いはないって思ってるから、周りの人がどれだけ注意しても聞かないわけなんですね。

 

みんな、これを待ってたんだろ?

ウルムチ (新疆ウイグル自治区) にて発見!
こ、これは・・・僕が気にし過ぎなのか?

いやでもよく見れば店の反対側に白いアヒルもいるしなあ・・・。

ウルムチといえば世界で最も海岸線から遠い街。
このオブジェを作れって言われた職人もミッキーなんか見た事ないだろうね。

 

はい、アウトー!

迪士尼 (ディズニー) って書いちゃったもんね。
子供なんか珍しい物があれば集まるんだから無理にパクリキャラ印刷しなくても良いのにね。
中国アニメの喜羊羊 (2010年にディズニーと提携) がちゃっかり中にいるあたりあくどいですな。
まあこれ置いたオヤジ社長は提携なんて絶対に知らないと断言できるけどね。

 

黒目下すぎ

アウトだけど若干クオリティが上がってちょっと似てきてるのが面白い。

「似てないから怒られてるんじゃないんだよ」って誰か教えてやってほしいわー。


 

仕事を選ばないあの方も!

リボンの色が違う!てゆーかヒゲが目から出てる!
ついでに下っ腹も出てる!

 

こっちにすれば良いのに

動物界最強クラスの可愛いコンテンツあるんだからそっちを活かせば良いのにね。
ただまあパンダは定番過ぎて飽きられてる部分もあるのかも。
写真は、デパートでも隅の方に追いやられてたパンダ達。

ん?たれぱんだにポーズが似てるって?
いやそれはさすがにないだろ・・・

 

熊出没

自分の国のコンテンツですらこの扱いだからね。
もうこんなのさ、店の大将がガハハって笑いながら発注してるのが目に浮かぶよね。
職人だって「このLEDの配置はおかしいですよ」って注意しただろうに。

 

で、中国人の若者にこういう写真を見せると
「またやらかしたのか、しょうがねえ奴らだなホント恥ずかしい」という反応。

日本でも僕らが子供のころは、電気グルーヴの歌にもある
「買ってもらったアニメの主題歌のカセットテープ 唄ってるのはテレビと違う全然知らないヤツ」
なんて事は普通にあったから、あと20~30年すれば著作権の概念も浸透するんじゃない?
というかこういうのももう既に、探してもなかなか見つからなくなってきてるからね。