「映画」カテゴリーアーカイブ

ザ・ウォールはやっぱり凄かった

今日はダンケルクとスキップ・トレース観たので、あとは先週観たベイビー・ドライバーの感想を。

 

ダンケルク ★★★★ 70点

普通に面白かった。
ただノーラン監督作品という事で100点の映画を期待して行ったから、ちょっと残念。

1.迫りくるドイツ軍の恐怖
2.軍所有の船だけでは足りず、漁船や遊覧船など民間人までが大勢で助けに来てくれた感動

この2点が物足りなかった。
先週観たザ・ウォールのせいか敵の恐ろしさの表現がかなり物足りず、そのせいで助けに来てくれた感動もちょっと薄まっちゃった感がある。
ザ・ウォールを観なかったら85点くらいにはなったかも?

ノーラン監督はインターステラーやインセプションみたいな、空想世界の中にリアリティを持たせて観客を引きずり込むのが得意だから、史実とかよりそっちをもっと観たいかも。
ただ、乗り込んだ船がどんどん沈められて何度海岸に戻されても、あきらめずに生き抜こうと頑張り続ける主人公の姿勢からは学ぶものがありました。

 


 

スキップ・トレース (日本語吹替版)  ★★★★ 80点

ジャッキー・チェンは映画量産し過ぎなせいか、またジャッキーかよって思ってる人多いと思う。
格闘アクションについては若いころのほうが当然凄いし、ピンゲーオ監督とか他の格闘アクションすごい映画がどんどん出てきちゃってるから今のジャッキーだとちょっと物足りない気はする。
それにベスト・キッドの師範役でジャッキーは完成しちゃったかなっていうのもあって、もうアクションしなくていいよっていう声がジャッキー映画のレビューには毎度根強い。この気持ちはすごく分かる。僕もそう思ってた。

でも今回スキップ・トレースを観て気付いたんだけど、ジャッキーの映画って良い意味でずっと「ジャッキーの映画」であり続けてくれるんだよね。

ファミリー向けのライトなアクションで安心して見てられる。周りのお客さん達も声出して笑ってるし。映画通絶賛の作品とか、予算何百億円とかの映画じゃあこうはいかない。今良いシーンなんだから黙って見てろ!って空気になっちゃう。
悪人だって「麻薬組織のボス」とかの紹介だけで十分。目を背けたくなるような残虐なシーンは出てこない。2時間ずっと悪人にムカムカさせられたけど最後にぶん殴ってスッキリ!みたいなのも無いよ。そもそもムカムカしたくない人向けだから。
そんな意味で今回も安定のジャッキー映画でした。

詐欺師をロシアから連れ帰るまでにストーリーとしていろいろあるんだけど、その道中のトラブルもモンゴルや中国南部・長江周辺の文化、美しい風景がうまく織り交ぜられててすごく良かった。ジャッキー達と一緒に旅行した気分になれた。
ちょっとだけ気になったのは、設定は香港警察で生まれも育ちも香港って感じなのに、最後のシーンの車のナンバーが北京だった。

次回はジャッキー史上、最高の興行収入を記録しそうな勢いのカンフー・ヨガだ!

 


 

ベイビー・ドライバー ★★★★ 80点

若い男の子が初めて好きになった女の子のために頑張る姿ってのは本当に美しい。
初恋の女性を大切に守って共に生きる、っていうのが自分にはできなかった事だから特に。
こういう話には本当に弱い。ずっと、がんばれ!がんばれ!って応援しちゃう。
ラストはちょっと泣いちゃったよ。

音楽があーだこーだとか演技力があーだこーだとかで評価されてるね。
お前らなに通ぶってレビュー書いてんだ!
男の子が好きな女の子のために頑張る姿だろ!これが全ての真理だろ!

 


 

総評として、先週観たザ・ウォールのせいでダンケルクの評価が下がってしまった。
これは間違いない。明らかに恐怖成分が足りてない。

そしてザ・ウォールのせいでスキップ・トレースの評価が上がってしまった。
当分あの恐怖は抜けないんだから、ライトでコミカルなアクションの方が (最初から構えてない分) 気軽に楽しめる。といった感じかな。

 

そんなわけで、ザ・ウォールの影響がこんなにすごいとは。
ダグ・リーマンの凄さを感じた今週末でした。

来週は待ちに待ったエウレカセブン・ハイエボリューション!
そういや西遊記2とファイナル・エクスプレスまだ観てないわ。

 

2017/09/09 93.9kg
BGM LOVE “The First and The Final”

ザ・ウォールの過小評価がひどい

ザ・ウォール観てきた。

僕がダグ・リーマン信者ということを除いたとして、
冷静に考えて、

この映画は100点!

間違いなく★5つあげる!
週末の予定を今すぐキャンセルして観に行く価値のある映画だーッ!!

 

忘れてた。ダグ・リーマン監督の本性

まず、これは無敵の米兵が大活躍する冒険映画ではありません。スナイパーとスナイパーの戦いです。
ここ重要ね。

なんか米兵モノだと勝手に思い込んで期待してなかった。
完全に忘れてた。

Mr&Mrsスミスとかジャンパーとかオールユーニードイズキルとかで薄まってたけど、そういえばこの人の映画はリアルさが一番の強みだった。
例えばジェイソンボーンシリーズのカーチェイス。どこまで逃げても永遠に追いかけてくる白バイとか、運転してた恋人が何の前触れもなくスナイパーに撃ち殺されるとか、とにかく「ああ、その道のプロと戦うっていうのはこういう事なんだな」という映像を見せてくれる監督だった。

で、今回はスナイパー対スナイパー。
面白くないはずがない。

 

設定概要

イラク戦争中、石油パイプラインの建設現場で人が狙撃されてるから確認しに行けという命を受けた米兵のスナイパー2人組が建設現場へ。
そこで隠れて20時間監視。何も起きないので様子を見に行ったところ撃たれて、、という内容。

相手はこちらの姿が見えたら確実に撃ってくるし(きちんと当ててくる)こちらのスナイパーも相手の場所さえわかれば撃ち殺せる技術がある。
壁一枚を隔てて、相手は今何発撃ったか、撃たれてから銃撃音が聞こえるまで何秒だったか、何km離れていて、どの程度の高さから狙ってくるのか、等々を必死に考えながら相手の隠れている場所を探す。観てる側もどこかにヒントはないか、どこかにヒントはないか、と主人公と一緒になって探してしまう。
こんな感じの映画。

タランティーノ作品ばりに会話が続くので観る人は選ぶかもしれない。
ただまあ、たしかに会話シーンは長いけれど、それよりも「お互いに正確な場所さえわかればいつでも殺せる」という息詰まる状態での頭脳戦、心理戦。これはジョジョの戦闘シーン (映画版じゃないよ!) に近いものがあってかなり見ごたえがあった。
ジョジョ好きな人なら分かってもらえると思う。

 

ラスト

ラストは賛否あるだろうけど、僕はあのエンディングで良かった。

何度も言うけど、スナイパー対スナイパーの映画だから。

敵のスナイパーなんか最初から最後まで声の出演しかしてないからね。
エンドロールに敵スナイパー役の名前が出てた時は何かのジョークかと。

 

そういえばバリー・シールの公開日が決定したね。
10月21日!

Glory Days アップされてる

ラジオ番組を録音したものっぽくて、ノイズ入っててシャカシャカした感じだけど。

聴けば聴くほど良いね。
尾崎豊に似た声でアゲアゲなピコピコしたの歌ってるのがなんとも感慨深いですわ。

9月16日まではこれでアゲていくぞ~!!

ジョジョ (日本語字幕版) 観てきた

4部のやつ

世界観 ★★★★★
スペインで撮影してるんだね。石造りの超キレイな建物だらけ。
街並みがスペインでところどころ日本の看板とか貼り付けて日本風にしてるのは、けっこう杜王町の雰囲気出てて良かった。

 
キャスト ★★
やっぱりジョジョは身長高くて筋肉隆々で男臭い役者で揃えてほしかった。足元映さないようにしつつインヒールの靴をはくとか。
承太郎はたしか30歳くらいの設定のはずだけど50歳くらいに見えたのが残念。
そんな中でも岡田将生の虹村形兆はハマってて良かった。
あと観月ありさのかーちゃん。そっくりだった。
山岸由花子は今の子でも十分可愛いけど、由花子って可愛いよりは”怖いくらいの美しさ”なんだよね。長谷川潤とか黒木メイサ級の美女にしてほしかった。

 
スタンドバトル
実写だとあんなCG処理になるの???
スタンドが攻撃を受けると本体も同時に吹っ飛ぶはずなんだけどタイムラグがあって気になった。
あと戦闘シーンは基本のんびりしてた。動きが素早過ぎるからスロー演出にしてるというのはもちろんあるけど、大抵のんびりしてた。
のんびりでゆっくりなのに何が起きたのかよくわからない戦闘シーンは退屈

アンジェロとの戦闘シーンで、承太郎が「オレの能力は時間を止められる」とか突然解説してるのは良くなかった。
ジョジョの戦闘は、敵に能力を知られると死につながる、お互いが一発で勝負が決まるギリギリのバトルっていう緊迫感が特徴なので、敵が目の前にいる状態でスタンドの秘密暴露とかありえないと思った。
あと「時間止める」言ったあとは時間止めなかった。

 
脚本 ★★★
4部の長い話を数時間分でまとめるためにシナリオを再構築してる点、これはかなり面白かった。
今後誰が出てきてどうやってつなげていくのか興味深くて期待。

ただし、原作に存在しないシーンのセリフがだいたいひどかった。
このキャラはこんな事言わないよ?というのが多くて気になった。
邦画お得意の人生説教シーンが入っててちょっと失望した。

 

総合 ★★★

そんな感じ。
海外展開を最初から踏まえてるから?日本語字幕版っていうのが新鮮だった。
たぶん今後、海外でも売り出せそうな邦画は各国で字幕が入れやすいように作っていくんだろうね。
世界観の出し方も良かったし、今回のジョジョは邦画の転換点になる映画かもしれない。

 

ジョジョ好きな人なら観る価値はあります。2回目観ようとは思わないけど、楽しめました。
ジョジョ知らないけど興味があるって人にもおすすめできるレベル。

男友達で集まって「マジかコレ!」とか言いたい人にはかなり向いてる。
原作と完全に同じに作れ!という人は観ない方が良いかも。

2017年は年末にかけて映画が豊作!

年末にかけての観たい映画メモ。
今年はちょっと多いね。豊作豊作。

 

9月  前半多くて忙しい!


1日 新感染 ファイナル・エクスプレス

期待度 ★★★
コーヒープリンス1号店で「男でも好きだ!」と問題発言をしたwコン・ユが新幹線でゾンビに襲われるってさ。コーヒープリンス1号店のユン・ウネ可愛かったなあ。
あれだけ可愛ければそら「男でも好きだ!」ってなるわ。

予告編観る限りではかなり面白そう。
ゾンビ映画は感染して文明滅んだあとのサバイバルより感染し始めの設定が怖くて楽しいね。開き直ってないというか、まだ元の生活に戻れるかもしれないという期待が残ってるからこそ怖い。
個人的にはワールドウォーZがベストゾンビ映画。

1日 ザ・ウォール

期待度 ★★★★
米兵がイラクで伝説的スナイパーと対決!
また米兵映画かよとは思いつつ、ダグ・リーマン信者としては行かざるを得ない!
姿を見せないスナイパーと戦うなんて無理じゃね?しかも砂漠の太陽の下5時間隠れてて、様子を見ようとちょっと顔出したら撃たれたとかどんな異常者なんだよ!怖すぎる!

ダグ・リーマンは次こそジャンパーの続編作ってほしい。

1日 スキップ・トレース

期待度 ★★
ジャッキー・チェンがまたいつものカタブツ刑事役で、またダメ男 (今度は詐欺師) と組んで事件解決するってさ。もう無理してアクションしなくても「ベスト・キッド」みたいな師範役で良いのにと思う。

でも予告編見るとジャッキージャッキーしてて普通に面白そうww
ファーストデイ (1100円) だし、観ない理由はないよね!
次作の「カンフーヨガ」も期待!

8日 西遊記2 妖怪の逆襲

期待度 ★★★★★
チャウ・シンチー西遊記の続編。9月のナンバーワン映画。
予告編で大日如来 (?) が思いっきりビンタしてて笑うw
前作との違いは、孫悟空役がイケメン俳優に変更、三蔵法師役は不倫でw降板。あと死んだはずのスー・チー (可愛い!) の名前が出てるのが不思議。妖怪が三蔵法師に幻覚を見せるとかで出演するのかなあ?

ところで前作のチャウ・シンチー監督のカメオ出演って、大日如来の掌底アタックで正解なんだよね?

9日 ダンケルク

期待度 ★★★★
ノーラン監督ですよ!なにはさておき観に行かなきゃ!
予告編見る限り息詰まる戦争映画!海と砂浜と銃弾の組み合わせは最悪!怖すぎる!
プライベート・ライアンの序盤がいまだにトラウマなんだってば。
ダンケルクもトラウマになりそう。

最後には救いがあると良いな。

16日 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

期待度 ★★★
エウレカセブンは音楽良いから映画館で観たら楽しそうだよね。
ダンケルクを1週待って、これとセットで観ると思う。

尾崎裕哉ってお父さんの尾崎豊と声質すっごい似てるね。
「つかみとれこの手に~」のあたりなんかそっくりじゃん!

23日 プラネタリウム

期待度 ★★
ナタリー・ポートマン主演!
今年は「ジャッキー」に続き2作目!
予告編と設定見た感じ、、ちょい微妙かも。
なので、10月ファーストデイまで待ってから観る。

ナタリー・ポートマン大好きなのに、出演作は大抵女性向けでちょっと悲しい。

 

10月  毎週末忙しい!

6日 エルネスト

期待度 ★★★
日本・キューバ合作 オダギリジョー主演
チェ・ゲバラ、最後の革命(ボリビア)に参加してた日本人の話だって。
ゲバラもジョーも好きだからたぶん観る。
邦画お得意の人生説教が入ってなければ良いのになあ。

7日 アウトレイジ 最終章

期待度 ★★★★
北野武監督 アウトレイジシリーズは暴力描写がリアルでコワイ!
一般人には想像もつかない暴力だけどヤクザは本当にやってそうなんだもん。

7日 RWBY volume 4

期待度 ★★★★★
RWBY は絶対に映画館で観るべき!
可愛い女の子がアクション → 大画面が良い
RWBY は音楽も良い → 音響が良い
さらに快適な冷暖房と密閉された独特の空気感!
モンティ・オウム亡きあとのパワーダウンは気になるけど・・・
あ、あと前売り券特典のA4クリアファイルもらうためには新宿まで2回行かなきゃ。

14日 リングサイド・ストーリー

期待度 
サトエリ!サトエリ!サトエリ!

20日 アトミック・ブロンド

期待度 ★★★
シャーリーズ・セロン主演のスパイアクション。
女スパイが敵の男たちをガンガンぶん殴って投げ飛ばす!
女が男をボコボコにする映画は大抵面白い。

マカヴォイと、ザ・マミーのエロ王女ソフィア・ブテラも出るよ!

27日 セブン・シスターズ

期待度 ★★★★★
2073年、人口爆発で資源が枯渇し、1人しか子供を産んではいけない世界。そこで隠されて育てられた7つ子姉妹。彼女たちは交替で週に1日だけ外出し、共通の人格を演じることで監視の目を欺いていたが、ある日”月曜日”が帰ってこなくなり・・・
という設定読んだだけで続きが気になって仕方ないSF!10月のナンバー1かも。

僕は日曜日担当になりたい!

27日 ブレードランナー 2049

期待度 
ハリソン・フォードのディストピアもの。
予告編がコレかよ!?って感じで観ないかも。

 

11月  は少なめだが、ザ・サークルは外せない。

3日 シンクロナイズドモンスター

期待度 ★★★
アン・ハサウェイが巨大怪獣を操作して街をぶっ壊したり人助けしたりする映画w
ちょ、なにその設定www とりあえず観に行くわw

アン・ハサウェイといえばキャットウーマンのバイク!エロかったなあ~
そしてキャットウーマンといえばゴッサムでセリーナ・カイル役の子も可愛い!
キャムレン・ビコンドヴァだって。呼びにくいね!

10日 ザ・サークル

期待度 ★★★★★
エマ・ワトソンがネットの巨大企業に就職。
顧客のSNSから銀行口座まで、プライベートが丸見えの会社らしい。それでいて社長が話してる内容が「知ることは良いことだ。全て知ることはもっと良いことだ」とかかなりサイコで怖い。
現実にA社やG社やF社T社M社などのサービスを受けるために個人情報を次から次へと渡してる僕らが共感できるかもしれない?興味深い映画。

 

12月  クリスマスデートに使える映画は2本w

8日 オリエント急行殺人事件

期待度 ★★★
話題になるだろうから一応チェック。
豪華列車に豪華スターだよ。画面がきれいで女の子喜びそう。
デートに誘うならこれ。

9日 DESTINY 鎌倉ものがたり

期待度 ★★★
11月から番宣入りまくるだろうし、ふだんあんま映画を観ない女の子をデートにさそうならこっちが本命かも?

15日 スターウォーズ 最後のジェダイ

期待度 ★★★★★
これ観なきゃ年は越せないぜ!
今回は STARWARS ロゴが赤くて実際コワイ!

16日 オレの獲物はビンラディン

期待度 ★★★
愛国が過ぎるじいさまがはるばるパキスタンまでビンラディンを狩りに行く話。
タイトルでもうアホすぎ!しかも実話だって!
ニコラス・ケイジがまたまたやらかしてくれそう!

でもこれシネマート新宿て・・・単館上映系。


サトエリとブレードランナーは観ないかもしれないとしても、それでも残り18作もあるよ!
ファーストデイを利用するか、前売り券買って少しでも浮かさなきゃ!

追記:

選考基準 (僕の好み) をちょっと紹介。
一番好きなジャンルはスチームパンク、退廃的な世界観。次に普通のSF。
現代設定ならスパイアクション系やカーアクションなど。
ストーリーは考えさせられるというか興味深い系のが一番。でも押し付けられるのは嫌。
映画でしか観れない映像、観たことのない画面、できない体験、知らなかったこと、本来とは違った視点や想像もしなかった立場や価値観で物事を見られるのが好き。
あと意外と洋画のラブコメも好きです。「こんな設定よく考えたな (白目) 」でも観始めたら、最後はちゃんと問題解決・伏線回収してきれいにまとまってて、気持ちよく映画館を出れる作品が多い。自立した強い女性が主人公なのも良いですね。

とまあ、こんな感じです。
あとは8月20日時点で公開日が未定なのは外しました。

いちいち映画館に行くのは不便だけど、その映画を見るために”無関係な人達”がお金を払ってわざわざ時間を合わせてスクリーンの前に集まり、映画を通して同じ時間や体験を共有できるのが映画館で観る魅力だと思います。