ギフテッド観てきた

ギフテッド観てきた。
X-MEN のドラマじゃないほうのやつね。

メアリー役のマッケナ・グレイスが超可愛い。どうしたの?ってくらい可愛い。


ザ・サークルのエンディング曲探してた時に知ったんだけど、
ギフトってのは神様からの贈り物っていう意味があるんだね。

 


ギフテッド★★★★★ 88点

主要人物である祖母・母親・叔父・少女の4人全員が数学の天才。
それは数学者として成功した祖母からの遺伝で、母親と叔父は祖母の “英才教育” によって、友人や恋人を作ることは許されず普通の生活を知らずに育った。
祖母の “被害者” である母親は娘が生まれて半年後に自殺。その遺志を継いだ叔父は祖母の目を逃れ普通の子供として育てる事を選んだ。
そして孫の存在を知り、また “英才教育” によって育てようとする祖母。

という感じで、物語の軸になる人物が数学の天才。
そういう意味ではマット・デイモンの「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に近いけど、本人がまだ7歳なので自分の意思で選ぶことはできず、周りの大人たちも本人の意思をガン無視して話を進めていくところがミソ。

子育てに正解は無いから難しいよね。興味深い話だった。
個人的にはババアめっちゃ殺したかったけど。

 

とにかくマッケナ・グレイスちゃんが可愛いから、可愛い女の子が好きな人や、将来のスターを今からチェックしておきたい人、ナタリー・ポートマンやクロエ・グレース・モレッツが好きな人は観に行くべし!

 


 

才能を捨てて普通に過ごすのと、才能を生かすのと、どっちが幸せなのか。
ありきたりながらも結構好きなテーマなんだけど、でもこの手の作品を観ると思う。

人類はいつになったらこのステージに進めるんだろうか。
このテーマの話って (才能の有無は置いといて) そもそも超金持ち以外に選択の自由は無いんだから、観ててもそこまで入り込めないよね。
マッケナ・グレイスちゃんを泣かせないで!ってくらいで。

祖母が嫌なヤツだったから物語になったけど、これがもし嫌な祖母じゃなく祖父でしかもロビン・ウィリアムズ演じる優しい祖父だったらどうなってた?説得してでも祖父のところに行かせるでしょ?理由は「金がある方に進んだ方が幸せだ」っていうのが根本にあるから。
「グッド・ウィル・ハンティング」のセリフを引用すると、
“宝くじの当たり券” を換金しに行かない理由をゴネてるだけの話
ってことになっちゃうじゃん。どうせ最終的には換金しに行くんだし。

そういう意味で僕ら一般人、というか地球上の99%の人間はこのテーマの物語を本当の意味で楽しめていないかもね。

いつになったら無意味な足の引っ張り合いや憎み合いから解放されて、自分の住みたい場所、能力に合った教育と仕事、生活水準など、誰もが自由に選択できる時代が来るんだろうね。
僕らの子供世代はもう無理、孫世代もおそらく無理。でもその子供の頃には希望が見えてるんだろうか。

 

 

2017/11/28 82.9kg
70kg台まで残り3kg、、、年内には達成したいところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください