最後のジェダイ観てきた

もう12月も2週間終わったのね!

毎日少しずつ大掃除してて、ちょっと物入りだったので映画は控えてた。
今月観たい映画いっぱいあるんだけどなぁ。
STARWARS 以外だと、前売り券買ってるカンフーヨガは観る。
あとはオリエント急行殺人事件、俺の獲物はビンラディン、フラットライナーズ、否定と肯定、彼女が目覚めるその日まで、泥棒役者などなど。。。
まあいいや、気分が乗れば観に行く。

上映前のカンフーヨガ予告編が良かった。ホットペッパーのCM風で面白かった。

 

スターウォーズは新しいフォースの解釈が増えてより分かりやすくなったね。
今までは死んだ後も存在する魂だとか、生き物と自然、石や惑星なんかも含めたすべての存在が持ってる「元気玉みたいなもの」とか「すべての存在をつなぐ力」って解釈だったのが、ルークによって「すべての存在をつなごうとする力」みたいな説明がさらに追加された。

だから愛情に飢えてるやつほどフォースが強いのか?

 


STAR WARS 最後のジェダイ★★★★★ 95点

正直言って前作「フォースの覚醒」は好きじゃなかった。
ファン人気一位のエピソード4のオマージュばかりで旧作ファンに媚び過ぎてるし、
ハン・ソロの3人の子供もいなかった事にして歴史を書き換えた割にはルーク、レイア、ハン・ソロら旧メンバーのスター性に頼り切ってるし。
遺産を食い潰した印象だった。

今回の最後のジェダイは、前半2時間がかなり地獄だった。
主な舞台が宇宙船の中だからスターウォーズのだいご味である、見た事もない惑星の自然環境や街並み、その星で生活を営む人々やクリーチャー描写などは一切無し。
反乱軍も相変わらずほぼ全員ヒューマノイドだから、別にここでやらなくてもいいんじゃね?どっかよそのSFでやってくんねーかなって感じが強かった。
母艦 VS 母艦で、しかも撃墜される寸前だからめっちゃ焦らなきゃいけないのに、展開がのんびりすぎて緊張感が感じられないし観てて疲れる。
ストーリーも気になるのは「ルークの死に場所はどこかな?」程度で、今まで観てるから義務で観てた感じは否めない。
本当に疲れた。

が、そのダルい2時間のおかげか、終盤残り30分、惑星クレイトに着いてからの巻き返しがすごい。信じられない面白さであっという間に過ぎ去った。
惑星探検やクリーチャー達とのふれあい (?) も、帝国の兵器やフォース対決もあり、スターウォーズの良さがギュッと詰め込まれてた。
フォースは新しい解釈によって進化したし、物語のシメも英雄が特攻決めて兵器破壊して終わりってわけじゃないし、「フォースの覚醒」を含めた今までのスターウォーズシリーズ全てを壊して、新しく作るんだという決意が感じられた。
主人公になるには血筋が最も重要だった時代は終わり、誰もが主人公になれるんだ、この世界に参加し見届けるのは自分たちなんだというメッセージのように思えた。
黒人やアジア人が活躍するのも人権団体に配慮して仕方なく登場したわけではなく、新しい世界を表現するために、意味があってそうなってるんだと分かった。
途中一瞬だけ出てきた惑星カントニカでの子供たちも、ジェダイ候補生たちを連想させられて、反乱軍は完敗してるのに未来への希望を持たずにはいられない内容で非常に良かった。

ストーリーもカイロ・レンが良い意味でかき回してくれた。この後何が起きるか全く予想できない。
ブルーレイはもちろん買うし、年末年始にあと2回くらい観に行こうと思う。

 

観に行くつもりの人は、できるだけ早いほうが良いよ。
他の人が出す音が気になるから人が減ってからって意見もあるだろうけど、スターウォーズに関しては祭りだから。雑音を含めてもたくさんの人と観た方が楽しい。
終盤、めちゃめちゃかっこ良い以外に形容しようがないくらいめちゃめちゃかっこ良いルークのシーンがあって、僕ら日本人は隣の席の人も後ろの席の人も低く「おぉぉ」と感嘆の声を上げてたんだけど、遠くの席にいる外人がそれを掻き消すバカでかい声で「YES!!!!」って叫んでた。その気持ちがすごく分かるシーンで、よくぞ叫んでくれた!って感じで気持ち良かった。
そう、やっぱり、みんなこの映画を観に来た仲間達だからさ。

 

来年は若き日のインディ・ジョーンズ、、、じゃなくハン・ソロとチューバッカの物語。
こうしてみるとハリソン・フォードってのは本当に魅力のある役者だったんだなあ。

スターウォーズの最大の魅力は、自分たちがその中に入っていって空想できる余裕。
ハリソン・フォードの演じる役はインディ・ジョーンズにしてもハン・ソロにしても「このキャラクターは映画に出ていないところではどんな世界を探検してるんだろう?若い頃は何をしてたんだろう?」って興味を持たせて想像させる余裕があるから、何度も若い日のスピンオフが作られるんだろうね。

 


ただし、ディズニーに買われてからパンフレットの出来が悪いのは相変わらず。
前回よりはマシだけど80ページ中20ページが商品のCMとか勘弁してほしい。
エピソード1~3の時のように設定資料や用語集を詰め込みまくって、パンフレットだけで何時間も読めるようなのにしてほしいわ。

 

 

2017/12/15 83.1kg
BGM Alan Warker “All Falls Down”
不思議だね。増えてるんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。