ハン・ソロ観てきた

最近忙しくて趣味に時間を使うヒマがないんだけど、これだけはと思い観てきた。

今作、評価は分かれると思う。
たぶん悪い評価のほうが高いかもしれない。
原作破壊という意味ではドラゴンボールエボリューションに近いものがあった。

ただエイリアンや宇宙旅行が好きなスターウォーズファンは観る価値あり。
ドラゴンボールエボリューションも個人的には好きだしね。

レビューするよ。

 


ハン・ソロ★★★★ 63点

若き日のハン・ソロがどうやってもといた惑星から外に出るに至ったか。
その後チューバッカと出会い、ミレニアム・ファルコン号をランド・カルリジアンからサバックで巻き上げるまでの話。

 

まず、これはダメ。
評価としてはダメ作品。

なにがダメかってのは、ハン・ソロに全く魅力がないこと。
若き日のハン・ソロの人生の中のハイライトがこれ?もっと他のイベントがあったんじゃないの?っていう感も否めない。

主人公とストーリーだけで考えると20点くらい。
ただしこれは若き日のハン・ソロの映画だから、これから成長するんだろうという目で見れば全く問題ない。あと、ハリソン・フォードのイメージを完全に無視して観ればなんの問題もない。

そして、スターウォーズのだいご味、いろんな惑星やドロイドやエイリアンが出てきて活躍する。これが良い。

 

悪い点は他のレビュアーや今作観た人がいくらでも言うだろうから、良かった点を、ただ思いつくままに書くよ。

個人的に、あくまで個人的にね。

 


僕がスターウォーズのなかで一番好きなセリフは

EP2:クローン戦争で、ジオノーシスのドロイド工場に迷い込んだ C-3PO の

 

「機械が機械を作るなんて!道に反してる!」

 

っていうセリフ。
“人間じゃないやつの方が人間らしい” っていうネタも、ここまでベクトルが真逆に向いたぶっとび発言になるとすごく楽しい。

で、今作ではランドのドロイド L3-37 が「ランドが私を一方的に好きで困ってる」とか女子トークしてたり「機械の人権を守れ!」とか騒ぎまくってるのがあって楽しかった。
工場で作られたドロイドは自由とか権利とかの意識が薄いんだよね。
C-3PO みたいに人間に手作りされたドロイドや R2-D2 みたいに愛情をもって接してもらったドロイドは強い。だから L3-37 もランドが手作りしてあげたか、愛情持って接してあげてるんだろうなぁとか考えながら観てた。

奴隷を解放するシーンも、ドロイドはドロイドしか助けないし、チューバッカは仕事を捨ててでも同じ種族のウーキーを助ける。でもハン・ソロはドロイド救出もウーキー救出も手伝わない。
ハン・ソロが奴隷解放を手伝わなかったのは仕事優先もあるけど、同じ種族じゃないから興味が薄いんだろうなあとか。
こういう、短いシーンだけど細かい部分の設定が活きてて、スターウォーズ内のリアルが感じられるシーンが多かったのも良かった。

それに航行中の船の中でのシーンが長めなのも良かった。
前半、ベケットのチームがヒューマノイドとドロイドの混成チームじゃなく、エイリアンとヒューマノイドの混成チームなのも良かった。
クラウド・ライダーズもエイリアン多めのチームだったし、エイリアンが活躍してると嬉しい。

そういや思ったのが、昔ってエイリアンもヒューマノイドも混ざって生活してたけど
続三部作以降はエイリアンは底辺層ばかりで、金持ち層はヒューマノイドばっかりだよね。

 

まあそんな感じで、走り書きレビューだけど、

ドロイドやエイリアンや宇宙旅行が好きな人、
チューバッカが好きな人、
シリーズだから仕方なく観てる人、
ドラゴンボールエボリューションの再来を観たい人、

みんな、週末は映画館へGO!!GO!!

 

今回のパンフレットはCMが少なくて良かった。
設定の詳細がほとんどなくインタビュー写真集なのは相変わらずだけど。
あとパンフレットを通常版と限定版に分けるのもやめてほしいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください