速く半年終われ!

ワイルド・スピードの新作が公開されるってさ!

予告編観た感じ、カーアクションも格闘も今までのヤバさをさらに超えてきそうな感じでマジでヤバ過ぎる!

 

5月29日(金)が待ち遠しい!!!!

 

 

うちの親や弟はカーアクション映画というだけでバカにして

「カーアクションは面白くない」

とか平気で言うんだけど、ハッキリ言ってそれ古すぎるからね。

 

大昔のカーアクションはたしかに面白くないのが多い。

1.シーンごとにこま切れにされた映像をつなぎ合わせてて何が起きてるのか分かりづらい
2.車の爆破シーンを何度もリプレイされるのは苦痛
3.さっさと終わらないかなあ

だいたいこんな感じだと思う。

これは僕も感じてた。
でも、カーアクションの歴史は
“ワイルド・スピード (2001)”“ボーン・アイデンティティー (2002)” が出てきてから大きく変わったからね。
特にボーン・アイデンティティーはかなりのターニングポイントになった映画。
あれ以降の映画ではカーチェイスの質が明らかに違うし、そこからどんどん進化していってる。ワイスピなんかは良い意味で間違った方向に大きく進化してる。

1.
何が起きてるのか分かりづらいなんてマジで古い。
客が見たいものはちゃんと見せてくれる。

2.
ワイスピほどの超大作になると予算アホほど使えるからね。
車の爆破シーン?それだけで良いの?もっとすごい乗り物も壊すし壊し方もいろいろあるけど?

3.
スパイが敵から逃げるために大群とカーチェイスしてる。とかだとたしかにダルイんだよね。映画の目的地はここじゃないからってのが分かってるからさ。それに生まれついてのライバルとかじゃなくザコの大群でしょ?主人公が無事に通り過ぎるの分かってるし。
でもワイスピはちゃんとカーアクションを目的地に設定してくれて、さあ!車に乗った!ここからが本番だぞ!って感じだからさ。

 

カーアクションが面白くないなんて、もう20年以上前の遅れたヤツってこった。
みんな、ワイスピをバカにされたらこのトーク使って良いからね。
オールドタイプどもを論破してやって!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください