とんこつ in 猫婆小面

重庆小面のお店

中国の人気ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」で紹介されたことにより爆発的人気になった重庆小面 (重慶小面)
その重庆小面を出すチェーン店。安い値段で美味しい小面が食べられます。このお店も世界中にあるらしいですね。日本にも来てほしい。

まずはレジに行き、メニューから選んで注文。
どのくらい辛くするかを聞かれるので

不辣 (ブーラー:辛くない)
微辣 (ウェイラー:ちょっと辛い)
辣 (ラー:辛い)

あたりから選んで答えればOK!!
ちょっと辛いを選びそうになるけど、これは四川料理。
日本の感覚は捨てて、まずは不辣からいくのが無難です。
蒙古タンメン中本とかが大好きな人は微辣でも良いかもしれません。

 

お金を払って、4~5分で麺が登場。麺と具と調味料をよく混ぜてから食べます。もし辛さや酸味が足りなかったらテーブルに調味料が置いてあるのでお好みで。

 


 

猫婆拌面:不辣 13元 (約210円)

麺は中国のお馴染みの拉麺。腰のある歯ごたえとかそういうのでは無いんだけど、でももっちりと弾力がある食感でかなり美味しいです。
具はひき肉、ネギ、ピーナッツ、ひよこ豆で、タレは芝麻醤のゴマ風味が効いていて結構コッテリしてます。それに具のそれぞれの味が重なり合っていて、麺と具とタレのハーモニーが素晴らしいです。
日本にある味に例えるなら、担担麺から唐辛子の辛さを抜いたような感じでしょうか。

東京なら1000円でも客足が途切れないだろうという味ですね。
量はそこまで多くなく、腹八分目程度のちょうど良さ。
食べた直後はお腹いっぱいなんですが、1~2時間ほどすればまた食べに行きたくなるような “晩ご飯に響かない” ちょうど良い量でした。

 


 

拌燃面:微辣 12元 (約200円)

2日後、美味しかったので再来店。
今度は違うメニュー、さらに辛さも微辣に挑戦してみました。
見た目は前回とほとんど同じ。ひよこ豆が無くなってキュウリと、高菜 (?) の漬物が追加されています。
前回はゴマやナッツ類の落ち着いたというか乾物系のコッテリした風味が中心でしたが、今回はキュウリと漬物のシャキシャキした歯ごたえやフレッシュ感、豆鼓系の塩っぽさや風味が活きてます。
昨日のとは全く違う味わいだけど、これはこれでどちらも美味しい。

・・・しかし、、、、さすがは重庆小面です。
微辣で注文したけれど、明らかに四川基準の微辣。ビリビリとした辛さと痺れが唇にまで回ってくる、普通の人がギリギリなんとか食べきれる辛さです。見た目は全然辛そうじゃないのに実際は桁違いに辛いです。辣油の追加とかしなくて良かった・・・。

 

反省:
四川基準の辛さをなめてました。
韓国料理のうまみの強い辛さと、タイ料理の攻撃的な辛さの中間くらい。
でも辛さレベルではタイ料理と同じくらい辛いです。
たぶんこれから先、四川関係は全部不辣にすると思います。

とんこつ in 味千ラーメン

ひと月ほど中国に行っておりまして。
ブログネタができたので更新ですよ。

 

 

ずっと中国の会社かと思っていた味千ラーメン。
実は本社が日本にある、普通に日本のチェーン店らしいですね。
タイトル忘れたけど、なんかのTV番組で日本のとんこつラーメンが食べられると紹介してました。
一風堂よりもはるかに早くとんこつラーメンを海外に紹介していたとは!

 

で、中国では大きめの駅やショッピングセンター、ショッピング街に必ずと言ってよいほどあります。
たぶん中国での外資系ファストフード勢力図としては、、、

1.麦当劳 (マクドナルド)
2.肯徳基 (ケンタッキー)
3.味千ラーメン
4.吉野家
5.李先生 (本社アメリカの中華料理チェーン)
6.必胜客 (ピザハット)
7.賽百味 (サブウェイ)
8.汉堡王 (バーガーキング)

こんな感じかな。
そこそこの立ち位置を確保していて、そこら中にあります。

本当にそこら中にあります。

 


 

さて、そんな味千ラーメンに入ってみました。
この店はショッピングセンターの中にあり、店舗は結構おしゃれ。

 

メニューの写真は撮ってないんですが、ほぼ居酒屋です。
おつまみ系が最初6ページくらい、次にラーメン4ページ、炒飯やご飯もの4ページ、ドリンク類の順。

日本と違うのは、ラーメンは麺の重さが載っています。
基本220gで、女性向けのヘルシーそうなラーメンは200gとか。
替玉は60gで1玉無料。

 

 

そして注文したのはこちらの2品。

 

 

 

味千拉麺 29元 (約480円)
激辛牛肉炒飯 35元 (約570円)

席で注文してその場でお会計。
その後厨房へ注文が通り、数分後に商品が運ばれてきます。

 

まず激辛牛肉炒飯はマジで激辛で、ちょっと、、いやかなり厳しかったです。
牛肉は10個くらい?結構大きめのがゴロッとした感じで入ってて美味しかったです。

そんなことよりも炒飯の隣のメンマ、本場だからなのか、超うまいです。
日本では食べたことのない、今までの人生で食べたメンマの中で一番美味しいメンマだと断言できるレベル。
なんだろうこれ???

 

で、期待の味千ラーメンについては、、、

ラーメンスープは薄め。
ダシ薄めに塩分も脂も薄め。
日本のとんこつラーメンとは程遠いです。
味はもう、はっきり言うけど40点くらい。

 

けど、すごく重要な点が2つあります。

 


 

1.
断面が丸い、本当のちゃんとした拉麺式の麺でした。
日本のラーメンの麺は実は拉麺 (生地を好みの細さまで引っ張って伸ばす作り方) ではなく、生地をこねて切断する作り方。つまりうどんやそばと同じ製法ですね。
工場で大量生産するためにはうどん・そば方式で作るのがベストなんだと思いますが・・・。
で、味千のこの麺は拉麺式なのにシコシコした食感で腰があるという点。
(中国の正しい拉麺式で麺を作ると腰がある麺にするのは難しい)

拉麺式だとどうしても麺がスープを吸いずらくなるデメリットがありますが、それを差し置いてもこの食感は嬉しいです。
替玉にするとさらに固くておいしい。
もしこのブログ読者の方が中国を旅行する機会があるなら、わざわざ味千ラーメンを探して食べに行く価値のある麺です。

熊本本店の味千ラーメンを食べたことがないので分からないけど、日本と中国とでは麺を変えているはず。
中国市場に合わせるために苦労して作り上げられた麺じゃないかと感じました。

 

2.
塩分・脂肪分が気になる、健康に気を使う人でも心配せず食べれる味です。
スープはギリギリ許せるレベルの薄いとんこつスープ。
麺も塩をあまり使っていない、本場の拉麺。
他の中華料理に比べれば塩分は多めだと思いますが、それでもだいぶ減塩で健康的なラーメンです。

よく考えたら中華料理って塩味キツイ料理あんまりないもんね。
たぶん中国人はここまで薄くしないと通ってくれないんでしょう。

 

 

という感じで
日本のラーメンが有名になる、はるか以前から中国市場を切り拓いてきたパイオニア、味千ラーメン。
それは日本の製品や精神が素晴らしいからだとか、珍しかったからだろうとか、そういう話では全然なくて。味千ラーメンの人達が自分たちのポリシーは保ちつつも現地の人の好みの味を追求した努力のたまものなんだろうなあと感じました。
たぶん世界中にある味千ラーメン、国ごとに全部味が違うんじゃないかと思っています。
下手すりゃ中国国内でも東西南北の地域ごとに味を変えてるかもしれない。
今度どっかで見かけたら食べてみようっと。

 

客は若い男女が多くて、入ってきていきなりビール注文してる人が何人かいたので、やっぱり居酒屋的な感じは強いんだなあと思いました。

以上!

 


 

あ、期間限定で濃厚とんこつラーメンがあったみたいです。
また行こうと思ってたけど結局行くの忘れて食べられませんでした。

とんこつ in 博多風龍

用事があって都内の方に行ったので、ついでに秋葉原でブラブラ後ラーメン。

博多風龍っていうと昔は500円だった気がするけど今は650円に値上げしたんですね。
その代わり替玉が2杯無料になった、と。

たしか10年くらい前に新宿で食べて、安いけどスープが薄いという印象でした。

 

・・・以来10年ぶりの来店。

昔に比べると格段にスープが濃くなってて、かといって濃すぎたり臭かったりする事はなく意外にあっさりで万人受けする味でした。
美味しい。近所にあったら通うレベルですね。

 


 

ここで替玉についての変なこだわりを紹介。

とんこつラーメン注文時の麺の固さって何にしてますか?
僕は「ふつう」派です。
でも「固め」で注文します。

これには理由があって、
固さ注文とは、ゆで時間の長さを指定できるシステムです。
秒数変更しかできません。食べた人がどう感じるかは関係ありません。
「固め」だとだいたい「ふつう」より5~8秒程度短い茹で時間になります。

 

…でも実際にゆであがった麺って、そのままでは出てきませんよね。

1.丼の中に入れて
2.麺を馴染ませて、向きを揃えて
3.海苔やチャーシューやらの具を乗せて

その後、ようやく運ばれてきます。

ここが重要!!

上の1~3の工程で、10秒はかかります。店やメニューによっては20秒とか経過してる場合もあります。
熱々のスープに浸かっている間も麺はどんどんのびていきますから、
麺の向きを揃えたり具を乗せる工程でかかった秒数ぶん、麺はのびています。

つまり、自分が注文した固さより最低でも1段階は柔らかい麺になってしまっています!

 

なので、「ふつう」の固さが好きな場合は初回注文時に1段階固い「固め」で注文し、
あとの替玉は「ふつう」で注文すると、両方を似た固さで食べられる。というわけです。

 

…以上、変なこだわりでした。

ネイサンズホットドッグ早食い選手権 2018

7月4日 (日本時間7月5日01:00)
アメリカ独立記念日に毎年行われてるネイサンズホットドッグ早食い選手権。

我らがMAX鈴木も参戦!
ネバダ州の予選では42本トップ通過でしたが。
本戦ではどうなるか?

アニキチャンネルの特訓動画だとこんな感じで、最初の10本は1分ちょい、本数が増えるごとにペースは落ちてたけど、ひょっとして10分間で50~60本はイケるんじゃないか?という期待が・・・。

 


 

日本のスカパーではESPNが見れないから、いつアップされるかと楽しみに待ってて、YouTubeで見つけた動画だとこんな感じ。
(公式じゃないから消されるかも)

MAX鈴木の位置は時計の下あたり。
金髪でアシンメトリーに刈り上げてる選手ね。
中盤、20本あたりまではMAXも食いついてて、上位4名のランキングに名前が載ってたんだけど、20本過ぎたあたりから急激にペースが落ちて・・・。

 

 

結果は7位34本ということでした。

https://twitter.com/FReeMax1027/status/1014597886569566208

数日前からニューヨーク入りして調整してたみたいだけど、それでも半端ない移動距離だし、なによりアウェイでの戦いはきつかっただろうと思う。
フジロックのホワイトステージくらいありそうな広さに満員の観客。プレッシャーすごかっただろうね。
ともかく、おつかれさまでした。

 

男性部門の優勝者はJoey Chestnutさん。新記録の74本。
女性部門の優勝者はMiki Sudoさん。37本。

 

この大会を配信してる ESPN のJoey Chestnut特集動画がこちら。

 


 

MAX鈴木の今後の活躍を期待するとともに、
閉店後のお店を使ってホットドッグを準備したり、MAX鈴木の心の支えになってたであろう表裏 高田馬場店のアニキ、早食い指導・アドバイスをしてくれていたおにぎりさんに、いちフードバトルファンとしてありがとうと言いたいです。

彼らのSNSはこちら。

MAX鈴木
MAX鈴木
MAX鈴木 TV

アニキ
アニキチャンネル (twitter)
アニキチャンネル (YouTube)

おにぎりさん
おにぎり@早食いフードファイター (twitter)
早食い×茨城県産おにぎり (YouTube)

たぶん数日後にはMAX鈴木サイドの動画があがると思うので楽しみ。

ハン・ソロ観てきた

最近忙しくて趣味に時間を使うヒマがないんだけど、これだけはと思い観てきた。

今作、評価は分かれると思う。
たぶん悪い評価のほうが高いかもしれない。
原作破壊という意味ではドラゴンボールエボリューションに近いものがあった。

ただエイリアンや宇宙旅行が好きなスターウォーズファンは観る価値あり。
ドラゴンボールエボリューションも個人的には好きだしね。

レビューするよ。

 


ハン・ソロ★★★★ 63点

若き日のハン・ソロがどうやってもといた惑星から外に出るに至ったか。
その後チューバッカと出会い、ミレニアム・ファルコン号をランド・カルリジアンからサバックで巻き上げるまでの話。

 

まず、これはダメ。
評価としてはダメ作品。

なにがダメかってのは、ハン・ソロに全く魅力がないこと。
若き日のハン・ソロの人生の中のハイライトがこれ?もっと他のイベントがあったんじゃないの?っていう感も否めない。

主人公とストーリーだけで考えると20点くらい。
ただしこれは若き日のハン・ソロの映画だから、これから成長するんだろうという目で見れば全く問題ない。あと、ハリソン・フォードのイメージを完全に無視して観ればなんの問題もない。

そして、スターウォーズのだいご味、いろんな惑星やドロイドやエイリアンが出てきて活躍する。これが良い。

 

悪い点は他のレビュアーや今作観た人がいくらでも言うだろうから、良かった点を、ただ思いつくままに書くよ。

個人的に、あくまで個人的にね。

 


僕がスターウォーズのなかで一番好きなセリフは

EP2:クローン戦争で、ジオノーシスのドロイド工場に迷い込んだ C-3PO の

 

「機械が機械を作るなんて!道に反してる!」

 

っていうセリフ。
“人間じゃないやつの方が人間らしい” っていうネタも、ここまでベクトルが真逆に向いたぶっとび発言になるとすごく楽しい。

で、今作ではランドのドロイド L3-37 が「ランドが私を一方的に好きで困ってる」とか女子トークしてたり「機械の人権を守れ!」とか騒ぎまくってるのがあって楽しかった。
工場で作られたドロイドは自由とか権利とかの意識が薄いんだよね。
C-3PO みたいに人間に手作りされたドロイドや R2-D2 みたいに愛情をもって接してもらったドロイドは強い。だから L3-37 もランドが手作りしてあげたか、愛情持って接してあげてるんだろうなぁとか考えながら観てた。

奴隷を解放するシーンも、ドロイドはドロイドしか助けないし、チューバッカは仕事を捨ててでも同じ種族のウーキーを助ける。でもハン・ソロはドロイド救出もウーキー救出も手伝わない。
ハン・ソロが奴隷解放を手伝わなかったのは仕事優先もあるけど、同じ種族じゃないから興味が薄いんだろうなあとか。
こういう、短いシーンだけど細かい部分の設定が活きてて、スターウォーズ内のリアルが感じられるシーンが多かったのも良かった。

それに航行中の船の中でのシーンが長めなのも良かった。
前半、ベケットのチームがヒューマノイドとドロイドの混成チームじゃなく、エイリアンとヒューマノイドの混成チームなのも良かった。
クラウド・ライダーズもエイリアン多めのチームだったし、エイリアンが活躍してると嬉しい。

そういや思ったのが、昔ってエイリアンもヒューマノイドも混ざって生活してたけど
続三部作以降はエイリアンは底辺層ばかりで、金持ち層はヒューマノイドばっかりだよね。

 

まあそんな感じで、走り書きレビューだけど、

ドロイドやエイリアンや宇宙旅行が好きな人、
チューバッカが好きな人、
シリーズだから仕方なく観てる人、
ドラゴンボールエボリューションの再来を観たい人、

みんな、週末は映画館へGO!!GO!!

 

今回のパンフレットはCMが少なくて良かった。
設定の詳細がほとんどなくインタビュー写真集なのは相変わらずだけど。
あとパンフレットを通常版と限定版に分けるのもやめてほしいけど。