「クラスMOD」タグアーカイブ

ゲイジの知って得するネタ動画

今回は3点。
The Bee を使うならアナーキーは貯めない方が良い。
エレメンタル効果は弱点属性を攻撃した場合のみ重複する可能性がある。
Storm は実際ヤバイ。
です。

短い時間の動画なのでサクッと観てもらえば良いかなと思います。

 

アナーキーとアンプダメージは無関係

The Bee をはじめとする Amplify シールドのアンプダメージは、アナーキーをはじめとする射撃ダメージアップ系のもの全てと無関係です。

基礎ダメージ + 射撃ダメージ増加系のもの + アンプダメージ
これにプラスして
エレメンタルダメージ増加のもの + クリティカルによるダメージアップ × スラグ倍率

という計算式なので、アンプダメージを増やす方法は

1.エレメンタルダメージアップ系の何かを付ける
2.クリティカルダメージアップ系の何かを付けてクリティカルをきちんと当てる
3.スラグ化させる

のいずれかしかありません。
アナーキーとは無関係なので、スタックを貯めても基礎ダメージしか増えず、命中率が下がるばかりになってしまいます。
たまに勘違いしてる人がいるんですが、知らないとマジに損するので何度でも言います。
アナーキーThe Bee は無関係です。

 

エレメンタル効果の発生確率と重複

エレメンタル効果は弾丸とスプラッシュの両方に判定があります。
ショットガンや FibberSandhawk のように散弾もしくは複数の弾丸を同時発射する銃はヒットした全ての弾丸とスプラッシュに判定があります。

特に Blockhead のように散弾 ×11 (スプラッシュ付) なんて贅沢なショットガンの場合は、22回も判定が行われるため発生確率としてはもうほぼ100%になります。
そしてその時「相手の弱点属性を攻撃した」場合は成功判定が重複し、エレメンタル効果ダメージは重複した分だけ倍化します。

テラモMODの炎上確率増加や Catalyst のモアペップ強化のように、エレメンタル効果発生率を上げられるMODを装備すれば属性攻撃はもっと楽しくなるでしょう。

 

Storm のひみつ

Storm のエレメンタル効果ダメージには2種類あります。
ひとつは銃弾が直撃した際に発生する大きな爆発で感電する場合。
もうひとつは、小さな雷球が出す電撃ビリビリで感電する場合。

前者の場合は表記通りの正しい感電ダメージが当たりますが、
後者の場合はなぜか電撃ビリビリの約73%が1発あたりの感電ダメージになります。

電撃ビリビリのダメージは Storm 本体の初弾に依存するため、アナーキーを貯めたり The Bee やショック属性強化のレリックをを装備するなどでダメージを増やす事ができます。
そこから Catalyst 装備のエレクトリカルバーンでさらに炎上させるなどすれば、恐ろしいダメージになります。

アリージェンスレリックで MALIWAN 製武器の発射速度・リロード速度を上げればかなり使い勝手の良いスナイパーライフルになると思います。

 

Roboteer で Sheriff と決闘!

Roboteer の動画をアップしてみました。
約25分。デストラップの勇姿とおたおたしてるゲイジをご覧ください。

 

今回はこのブログでも何度か紹介した真・メイクイットスパークルをメインに
Sheriff 関連ミッション3つを攻略してきました。

真・メイクイットスパークル
シェアリングイズケアリングMaylay シールドのロイドダメージ
メイクイットスパークルのエレメンタルダメージ
この2つを同時に効かせればデストラップのクロー攻撃が驚異的なダメージになるというものです。

 

Roboteer はスキルブーストがうまくはまれば、デストラップを
1.ライフ最大値アップ
2.ダメージ軽減
3.近接攻撃ダメージアップ
と、すさまじく強化してくれて、さらに再召喚までの時間も短縮されるMODです。
本来はデストラップとゲイジが一緒に殴りに行くための構成になっていて Law & Order のセットなんかがおすすめ装備です。
が、今回は真・メイクイットスパークルをメインにしたかったので、いつもの Rubi や TEDIORE 製 SMG で攻略しています。
Roboteer を選んだ理由はデストラップが死ににくくなるから。ただそれだけです。
Roboteer 愛用者の方、スミマセン・・・

Roboteer の弱点としてはゲイジの攻撃力の低さが挙げられます。
これはゲイジの射撃やエレメンタルに関するダメージを一切増やさないためで、レリックやアナーキーでフォローすることをおすすめします。または完全な近接特化ゲイジにするのも良いと思います。

 

今回のビルドはレベル57から使えるので、1周目のようにデストラップが敵を蹴散らす姿を見たい方、3周目はデストラップが弱すぎると嘆く方はぜひ試してみてください。

 

Prodigy で Slab の王

Prodigy の動画をアップしてみました。
約20分。このくらいがちょうど良い気がしますね。
暇な時にでも見てもらえれば良いかなぁと思います。

 

さて、今回の動画ですが

1:本編MODでは唯一、精度を上げられる Prodigy
2:全武器中最高精度を誇る JAKOBS 製スナイパーライフル
3:その気になればディスコードでさらに精度を上げられる

という精度アップ構成でミッション攻略してきました。

 

Prodigy は精度アップとリロード速度にブーストが付いているため、アナーキーを貯めたいけどちゃんと狙って当てたいという方に向いています。
スキルブーストもライフ回復や状態異常率強化とバランスが良く、初心者から上級者まで万人におすすめのMODです。
最初から最後までこれ一本でいけるポテンシャルがあります。

中でも特に相性が良いのが JAKOBS 製武器。
ただでさえダメージ・精度・発射速度の高い JAKOBS なのに、アナーキーでさらにダメージアップできて、しかもクロースイナフに頼らなくてもきちんと当たるという鬼構成になります。

今回は使いませんでしたが、ディスコードを使えばさらに遠くから狙う事もできますので、スナイパーライフルでガンガン狙撃したい方はディスコードもお忘れなく。

 

Catalyst で完璧な平和 とおまけ2つ

Catalyst の動画を公開してみました。

前回長すぎたので、今回は短めに。
レベル上げついでのサイドミッション1つ。

さすがに物足りないなと思っておまけ2つ。
エレクトリカルバーンの解説と保護区ダイジェストです。

 

さて、今回の動画ですが
1:敵を100%感電させられる ショックアンドアアアア!
2:感電した敵を炎上させられる エレクトリカルバーン
3:継続ダメージを強化できる Catalyst
の3点をセットにして原生生物狩りをしてきました。

ほとんどイジメです。

見た感じ Punk ビルドとやってる事ほとんど同じですが、クラスMODの違いとしては
Punk はリロードしまくり、ノヴァ発生させまくり。真面目にじっくりやりたい場合はアナーキーをガンガン貯めていける。
Catalyst はリロード遅いけど継続ダメージが大きい。真面目にじっくりやりたい場合はサブマシンガンや VLADOF 製武器のような手数が多い武器で勝負すると良い。 (アナーキーは継続ダメージと無関係なので貯める意味が薄い)
という感じですかね。

 

シールドに関して
今回はカブり防止のため Nova シールドをやめて Spike シールドにしましたが、
Spike シールドが Nova シールドに勝っているのは、シールドを満タンにしなくても良いという一点のみ。
ブラッドソークシールドがあるなら Spike シールドより Nova シールドの方が汎用性が高くて強いです。 ( AntagonistImpaler は別)

 

Jill of All Trades で天使の涙

Jill of All Trades の動画を公開してみました。

Veruc のコロッシブが手に入ったので天使の翼に挑戦。
長くなりそうだったのでBNK-3R撃破で終了しようか悩みましたが、まあ尻切れトンボにするのもなぁって事でキリよく1本クリアしたところで終了したんですが…
とにかく47分もあるので、通勤中や寝る前とか空いた時間に適当に見てもらえれば良いかなと思います。

 

さて、今回の動画ですが
状態異常発生確率・発射速度・リロード速度・アサルトライフルダメージ・アサルトライフルマガジンサイズを強化できる Jill of All Trades を使ってゲイジの基本の立ち回りをしてきました。

基本の立ち回りと言っても Jill of All Trades というクラスMODは、
アサルトライフルマガジン1.5倍でベターハーフをぶちかませるのが一番のウリで、その他のブーストも射撃ダメージアップに関係する構成なため (防御力に不安はあるものの) 基本に忠実に戦うだけで十分強いクラスMODです。
アナーキーがある程度貯まればすぐ無双モードになれます。

攻略 wikiにネガティブ気味な内容 が書かれてると「このMODは使いづらそうだな」と敬遠しまう人は多いと思います。でも実際は解釈の違いだけであって「ホラ、使いやすいし強いんだよ」というのを動画で見せられれば良いなと思って作りました。

 

別の FPS ゲームからやってきた人に一番おすすめしたいMODとビルドですね。
あとは「3周目は敵が固すぎて…」と悩んでいる人にもおすすめです。